つばめの自由帳

漫画・アニメ・映画etc.好きなこと全部

Amazonプライム会員になって良かった!だけどメリットばかりじゃないよ

スポンサーリンク

f:id:tubame8:20170630014732j:plain

こんにちは。つばめです! ずっと迷っていたのですがAmazonプライム会員になりました。 メリットのほうが多いけど、デメリットも少しあるのでその両方をご紹介したいと思います! 

 

 

ちょっと長いので「もくじ」から気になるところだけ見てもらってOK ではいきましょう。

 

ネット通販だけじゃない! 便利すぎるAmazonプライム会員はどんなサービス?

Amazon(アマゾン)と言えば、今や使ったことがない人がほとんどいないほどに、便利なネット通販サイトです。 取扱商品は、本や漫画、ゲームはもちろん、食品やレジャー用品などなど、多岐にわたります。

そんなAmazonですが、『Amazonプライム』という定額制サービスを利用すれば、対象商品のお急ぎ便・お届け日時指定便を無料で利用出来るだけでなく、 懐かしの映画やTV番組、最新アニメを無料視聴可能! さらに、定額料金の中で100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことも出来るんです。

特典・サービスはまだまだたくさんあります

ちなみに、Amazonプライム会員になると受けられるサービスは以下の通り。

Amazonプライム会員になると受けられる特典サービス一覧
  • PCだけでなく、スマホ・タブレット・wiiUでも利用可能
  • 家族2人まで特典を利用可能
  • 学生料金なら年会費1900円で利用可能!
  • 対象商品の無料配送
  • 特定商品の手数料が無料
  • 一部映画・TV番組番組アニメが見放題
  • 100万曲以上の楽曲・アルバムが聴き放題
  • Amazon Drive上に写真を保存し放題
  • 対象商品ならば箱買い必要な商品が1個から買える ※①
  • 自分が良く買う品物が品切れにならない
  • タイムセールを通常よりも30分早く注文可能
  • 対象タイトルの中から好きな本を1ヶ月に1冊無料で読める ※②
  • ベビー用おむつとおしりふきが最大15%OFF ※③
  • 指定した商品を指定頻度で自動お届け、しかも最大10%OFF
  • kindleが通常料金より安く買える

※①ひと箱あたり290円の取扱手数料が必要 ※②Kindle端末またはFireタブレットをお持ちの方のみ ※③定期おトク便での申し込みが必要

改めて「えっ、Amazonプライムって、そんなことも出来るの!?」と思われたのではないのでしょうか?!

Amazonプライムは、年会費3,900円(税込)で、上記のサービスを追加料金なしで利用することが可能なんです!

それではAmazonプライム会員になると利用出来るサービスを、特に知ってほしいものから順にピックアップしてお教えしたいと思います。

[Amazonプライムのメリット①]一部商品の無料配送&日時指定サービスで元が取れる!

Amazonプライムのメリットの1つは、対象商品であれば「お急ぎ便」(なるべく早く商品が届くサービス)と商品をお届けする日時指定が無料だということ。

そして、定期的に商品を購入する場合は「Amazon定期おトク便のおまとめ割引」を利用して、最大10%以上も割引(ベビー用品除く)を受けられることになります。

たとえば本来ならば、送料が360円とか、514円とかかかってしまう品物もAmazonプライムに加入していれば、無料で配送されます!

これは地味に便利。 Amazonプライムの年会費は3,900円、仮に送料514円の商品を7つ以上買えば、このサービスだけでオツリが来ます。

 

無料配送可能な商品は一部のみ!

f:id:tubame8:20170630011543j:plain

 プライム会員への無料配送サービスは、すべての商品が対象ではありません。商品購入の際に「プライム」という表記がない場合は、無料配送サービスはお受けできないので、商品購入の際はご注意ください!

[Amazonプライムのメリット②]いつも買うものが安く便利に手に入る

Amazonプライムはお客さんが毎月買う商品を安く買える仕組みが整っています。なんと言っても嬉しいのが毎月購入するものを割引価格で定期的にお届けする「定期おトク便」。

毎月、登録した品物が自動的に届くというサービスですが、このサービス+プライム会員の場合は利用する場合は、「Amazon定期おトク便のおまとめ割引」が適用されて、最大で商品価格が10%OFFになります!

 

しかも、子育て中でなかなか外出できないママやパパに嬉しいおむつやおしりふきなどのベビー用品を購入する場合は、「定期おトク便」で注文する際には、自動的に商品価格から15%OFFで購入可能。 まさに「痒いところに手が届く」サービスを、Amazonプライムではお受けすることが出来るのです。

 

[注意!]

無料配送・日時指定は割引サービスとは併用出来ません! プライム会員の大きなメリットである「一部商品の無料配送&日時指定サービス」は、残念ながら「定期おトク便」と「Amazon定期おトク便のおまとめ割引」とは併用することが出来ません。 定期便の場合は、各種割引は受けられますが、無料配送や日時指定にお金がかかってしまう場合もあるので、ご利用の際はご注意ください。

 

[Amazonプライムのメリット③]映像作品見放題!

Amazonプライムのキラーコンテツの1つが、映像作品見放題サービスの「プライム・ビデオ」です。 テレビコマーシャルなどで放映されていたこともあるので、ご存知の方は多いのではないのでしょうか?

もちろん、プライム・ビデオの見放題費用も月額会員費3,900円の中に含まれており、他のサービスと併用することを考えると、同様の映像見放題サービスよりも、

 非常にリーズナブル!

あのHuluですら月額933円で映像配信サービスだけなのに、プライム・ビデオは他のサービスも使えて、325円/月という恐るべきコスパ。

 

Huluは映像に特化している分配信している動画数はプライムビデオより多いのは確か。ですが、月額933円一年で約12,000円忙しくて映画をなかなか見れなかった時でも毎月933円かかってしまうのはちょっと痛いですよね。

 

話を戻すと Amazonプライムとは会員になると無料配送サービスを毎月1回利用すれば、あっという間に元が取れる計算です。定期的に注文するものがある人にはうってつけのサービス。 「そんなに安いサービスだと、中身スカスカなんじゃない?」と配信されている映像サービスの"質"が気になるという人もいるでしょう。

 

そこは安心。プライム・ビデオは映像配信サービスも、業界トップクラスです。

 

ということで、この章ではAmazonプライムのキラーコンテツ「プライム・ビデオ」について、詳しく解説して行きたいと思います。

もはやテレビを超えた!?「プライム・ビデオ」のココがスゴイ!

f:id:tubame8:20170630012102j:plain

 

プライムビデオでは、さまざまな映像作品が見放題 もちろん、パソコンだけでなく、スマホ・タブレット・wiiUでも映像作品の閲覧が可能です。

「で、さまざまってどれくらい?」というアナタのために、ざっとプライムビデオで見られる映像作品の種類をご紹介すると……

プライム・ビデオで見ることが出来る映像コンテンツ

最新テレビドラマ……最新ドラマが期間限定で無料視聴可能 最新アニメ番組……最新アニメが期間限定で無料視聴可能 懐かしのテレビドラマ……『結婚できない男』『SPEC』など 懐かしのアニメ番組……『あたしンち』『スラムダンク』など 懐かしの特撮作品……『仮面ライダーアマゾン』『ウルトラマン』など 海外ドラマ……『BONES』『プリンズブレイク』など 邦画……『麒麟の翼』『ROOKIES』など 洋画……『レ・ミゼラブル』『深夜食堂』など アニメ映画……『楽園追放』『パプリカ』など お笑い・バラエティ……『さま~ず→さま~ず』『M-1グランプリ』など ドキュメンタリー番組……『ブループラネット』『プラネットダイナソー』など キッズ向け番組……『ドラえもん』『妖怪ウオッチ』など キッズ知育用……『ハローキティといっしょシリーズ』など バンダイTV……『スクライド』『装甲戦記ドラグナー』など AKBグループ……『前田敦子卒業公演』『AKB48紅白歌合戦』など Amazonプライム限定作品……『仮面ライダーアマゾンズ』など アマゾンプライムビデオ 

※ご紹介した映像作品は2017年4月のもの。ご紹介した作品は予告なしに変更、取り止めになる場合があります、ご了承下さい。

 

プライムビデオで見ることが出来る作品は、数百タイトル!

しかも、最近ではAmazonプライム限定作品の公開も増えており、2017年4月現在公開されている『仮面ライダーアマゾンズSeason2』は、前シーズンも好評で、特撮に興味がなかった大人もAプライムビデオがきっかけで仮面ライダー好きになった人もいるんだとか。 もちろん、ソレ以外にも懐かしのドラマ作品や、一時代を築いた海外ドラマ作品も無料で見られるものが増えており(一部吹き替えなしもありますが)、今まで気になってた日本のドラマも海外ドラマも、プライムビデオで好きな時に、好きなだけ見ることが可能なんです!

また、プライムビデオは見たところをマークしてくれる機能があるので今まで見ていた違うデバイスでも続きを見ることができます。

 

これって地味だけどすごくありがたい機能! ただし、残念ながらプライムビデオ内の全てのビデオが年会費の中で、見られるワケではありません。

プライムビデオの落とし穴 全ての作品が無料ではありません!

プライムビデオも含め、定額制オンデマンドサービスには「会員費の範囲内で見られる映像作品」「1本ごとに課金が必要な映像作品」の2つがあります。

プライムビデオの中にも、「1本ごとに課金が必要な映像作品」は年会費+映像作品分の支払いを行うことで、見たい映像作品を楽しめるようになっています。

また課金が必要な映像作品にも2種類あり。 期間限定でレンタルビデオのように映像作品を楽しめる「映像レンタルサービス」と購入した映像作品をいつでも好きな時に見ることが出来る「映像購入サービス」のどちらかをプライムビデオ内で楽しむことが可能です。

映像レンタルサービスって、どうなの?「Amazonでわざわざ映像作品を借りるなら、レンタルビデオショップで良いじゃん?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、トータルコストを考えると、プライムビデオで映像レンタルした方がお得! 「映像レンタル」の場合は、レンタルビデオショップにビデオを借りる場合と異なり、延滞金が発生することはないので、"ビデオを借りに行く手間"と"延滞金が発生するリスク"が、まったくないことを考えると、高く言える映像レンタルも、トータルコスパは決して悪くはありません。

しかも、最近では100円からレンタル出来る映像作品も増えており、自宅にいながらレンタルビデオショップにいるつもりで、いつでも好きな映像作品をレンタルすることが出来るんですよ~。 「プライムビデオ内で見られる映像作品は無料」と表記されることが多いですが、実際には代表作品の初回1話分のみが無料だったりする場合も多く 「この作品も無料で見れるんだ~」と思っていると、見たい作品が課金をしなければ見られず後悔した――という方も多いので、プライムビデオ目的でAmazonプライムに加入される場合は、事前に「30日間のプライム無料体験会員」になり、

「どの作品が無料で、どの作品が有料なのか」をきちんと知ってから、プライム会員になった方が損することなく、プライムビデオを楽しむことが出来ます!

プライムビデオ目的でAmazonプライムに加入するのは、アリか?ナシか?

それではAmazonプライムの"売り"の1つである、プライムビデオ目的で、プライム会員になるのは、でしょうか、それともでしょうか?

まず、最新ドラマや最新アニメをテレビで見る暇がなく、録画するのも忘れがちという方は、プライムビデオを利用した方がお得でしょう。

「放映から1週間以内しか視聴できない」などたとえ視聴出来る期間が限定的だったとしても、自分のタイミングで、最新ドラマとアニメを月額325円で楽しめると考えれば、コスパは高い!と言えます。

最新アニメに強いニコニコ動画であっても月額500円以上と考えると、月額325円で、ドラマとアニメを見ることが出来るプライムビデオは非常にお得です。

また、新作ドラマ・アニメだけでなく、古い映画や懐かしのドラマ・アニメを見る目的でプライムビデオに加入するのも、決して損ではありません。

 

古い作品ほど無料で見れる作品が多いこと。 そして、特に特撮とアニメは"名作"と呼ばれる作品が多数収録されているので、懐かしの映画とアニメをガッツリ楽しみたい方も、プライムビデオに加入することをオススメします。

 

プライム限定作品も見逃せない!

プライムビデオでは、他の定額制オンデマンドサービスと同じく、独自の映像コンテンツにチカラを入れています。 先述した『仮面ライダーアマゾンズ』もそうですが、それ以外のドラマシリーズも、Amazon限定でいくつも公開されており、"ここでしか見られない作品"を見たいなら、断然プライムビデオを利用するべき。 ちなみに、プライムビデオ内の限定ドラマは毎シーズン入れ替わっているので、テレビでは見られないAmazonプライム限定作品を毎シーズンご覧頂けますよ。

[Amazonプライムのメリット④]100万曲以上の楽曲が聴き放題!

最近では定額制音楽配信サービスも人気ですが、プライム会員なら年会費3,900円の中で「プライムミュージック」を利用して、好きな楽曲を好きなだけ聞くことができます! こちらのサービスはプライムビデオと異なり、配信されている楽曲を追加料金ナシで聴きまれます。

しかも、このサービスはスマホでも利用することが出来るため、移動中に好きな楽曲を楽しむことだって可能です。

 

「100万曲以上も何を聴いて良いか、分からない」という方も多いですが、プライムミュージックでは、皆がオススメする楽曲を「プレイリスト」とぃう形で試聴が可能です。

また「読書しならが聴くジャズ」や「仕事がはかどるポップス」などの、シーンに合わせたプレイリストも多数公開されており、音楽を聴くのは好きだけど、どんな音楽を聴いて良いかわからない――という方でも、プライムミュージックを楽しめますよ!

収録楽曲数は、微妙かも……?

プライムミュージックでは「収録楽曲数100万曲以上!」と宣伝されていますが、最新邦楽を主に聴くという方には、物足りないラインナップかも知れません。 日本の著作権の関係もあって、どうしても最新邦楽やJ-POPは、プライムミュージック内では配信されにくく、新しい音楽作品を楽しみたい、という方はプライムミュージックの収録楽曲では不満に感じるかも知れません。 ただ洋楽に関して言えば、比較的新しい楽曲の配信数も多く、種類も豊富なため、洋楽好きならばプライムミュージック目当てでプライム会員になっても、損はないかも……?

[Amazonプライム番外編]学生なら、どこよりも安く楽しめる

大学生や専門学生は、通常3,900円で利用出来るプライム会員に、1,900円でなれるってご存知でしたか? その名も"Amazon Student"、学生さんだけが利用出来るプライム会員サービスでは通常会員と同じサービスが、より安く、よりお得に利用することが出来るんです! しかも、通常会員だとお試し期間が30日しかないのに関わらず、学生さんの場合は6ヶ月間も無料でプライム会員になれるという、優れもの。

 

思わず「学生に戻りたい……」と呟いてしまいたくなるほど、オトクなサービスがAmazon Studentになると、利用可能です。

 

年会費が3,900円 → 1,900円へとお安くなるだけでなく、通常会員では受けられないサービスを学生さんだけ、受けられるんですからズルイ! 

Amazonプライム会員はどんな人に向いている?

Amazonプライムは、扱っている商品が多いからか、そのサービスも多岐に渡り、ご紹介したとおり、さまざまなサービスをプライム会員になることで、受けることが可能です。 1つ1つの割引や、受けられるサービスは小さいように見えても、総合的にプライム会員になって受けられるメリットを考えると、月額325円でこれだけのサービスを利用できるのはお得すぎるハズ……!

 

それでは、Amazonプライムの入会方法をご紹介する前に、アナタがAmazonプライムに向いているか、どうかをチェックしてみましょう。

『Amazonプライム』おすすめ度チェック

 
  • Amazonで月に3回以上買い物している
  • 重たい商品を購入する事が多い
  • 毎月同じ品物を買うことが多い
  • 大学生・専門学生である
  • 子育て中のママだ
  • アニメや海外ドラマが好き
  • 最近テレビを見なくなった
  • 洋楽が好きだor聞きたい
  • Kindleを利用して、本を読んでいる
  • Amazonタイムセールを利用する
 

アナタは上記の項目に、いくつチェックがついたでしょうか?

 

3つ以上チェックがついた方は、そのままAmazonを利用するよりも、プライム会員になった方が、コストパフォーマンスを考えた時に非常にお得です。

 

少なくとも、毎月3回もAmazonで買い物をする人は、プライム会員になって買い物をしたほうが送料がかからないか、送料を安く抑えることが出来るようになるので、 損をすることはありません!

 

また特にAmazonで買い物をする、という人でなかったとしても、定額オンデマンドサービスを良く利用する、定額制音楽配信サービスを利用しているという方は、それだけでプライム会員になる価値があります。

 

それじゃあ、自分がAmazonプライム会員になるべきか、どうかの確認が出来たなら、次はAmazonプライムに加入する際の注意点を知っておきましょう。

プライム会員に加入する際の5つの注意点デメリット

 1・無料体験後に退会しない場合は自動的に有料会員になる

2・年会費3,900円を毎年まとめて支払うことになる

3・配送料無料にならない商品も、少なくない

4・動画配信サービスの中には有料作品も含まれている

5・退会する際に、全額返金(減額での返金)はされない場合がある

年会費3,900円で、さまざまなサービスを受けられるAmazonプライムですが、実際にAmazonを使って買い物をしない人には、あまりメリットがありません。

 

もちろん、Amazonを利用して買い物をしなかったとしても、動画配信サービスや定額制音楽配信サービスを利用するのなら、年会費を支払う価値はあります。

 

ただ、先述したとおり「有料映像作品」や「収録楽曲数の少なさ」に納得出来ない場合は、たとえAmazonプライム会員になっても"不満が残る"ことになる場合も! 月額325円なら、そこまで損をした気になりませんが、1度に3,900円も支払って「結局使わなかった」となると、結構大きな損害ですよね?

 

プライム会員になって損をしないためにも、会員登録の前に、 改めて"Amazonプライムのデメリット"を知っておきましょう。

[注意点①]無料体験後に退会しない場合は自動的に有料会員になる

Amazonプライムでは、30日間ご紹介したサービスを無料体験中にも、お受けすることが可能です。 当サイトとしては、無料体験でAmazonプライムがどんなサービスなのか、知ってから会員登録をする事をオススメしているのですが、ココに1つだけ落とし穴があります。

それが「無料体験後に退会しない場合は自動的に有料会員になる」ということ。

 

無料体験時にクレジットカード情報の登録を行う必要があるのですが、無料体験中に退会しない場合は、そのまま自動的にクレジットカードより決済が行われ、勝手に有料会員――つまり、プライム会員になってしまうのです!

気づかない間に「あれ、いつの間にかプライム会員になってる……」というケースも多々報告されているので、無料会員登録をする際には、「放っておくと自動的にプライム会員になってしまう」という事を、お忘れなく。

[注意点②]年会費3,900円を毎年まとめて支払うことになる

Amazonプライムの会員費用は、1年に1度、まとめて支払うことになっています。 つまり、登録した翌月に3,900円分まとめて支払わなければならないのです。

 

月額325円と聞くと安いですが「3,900円分買い物をする」と考えると、お財布状況によっては厳しいかも? プライム会員になる際には、事前に4,000円分ぐらいはクレジットカード枠に余裕があった方が良いかも知れません。

[注意点③]配送料無料にならない商品も、少なくない

「プライム会員なら、送料無料じゃん!」と送料無料サービスを目的にプライム会員になると、損をしてしまう場合もあります。 残念ながら先述しているように、配送料無料の商品は一部のみ(それでも増えていますが)。

 

配送料無料にならない商品も少なからずある、ということを覚えておきましょう。

[注意点④]動画配信サービスの中には有料作品も含まれている

こちらも先述したとおり、プライムビデオ内の映像作品はすべて無料で見られるワケではありません。 その点は、しっかりと覚えておいてください。

[注意点⑤]退会する際に、全額返金(減額での返金)はされない

プライム会員は、年会費を一度に支払うタイプの会員サービスのため「翌月から使わないから、退会しよう」としても、すでに支払った金額は返ってきません。 当たり前と言えば、当たり前ですが自動的に有料会員になってしまった人にとっては、勝手に支払われた年会費3,900円結構痛い出費です。 しかし、ご安心ください。 プライム会員になってから、Amazonの利用がない場合は、全額返金が可能です。

ただし、知らぬ間にプライム会員になって、Amazonのサービスを利用している場合は、使った月やサービスに応じて減額での返金となります。 一体いくら減額されるのかは、個人の使用状況によって異なりますので、Amazonカスタマーセンターにお問い合わせください。

無料体験するには?

Amazonで良く買い物もする。 テレビも最近飽きたし、音楽もいろいろ聴いてみたい! 注意点もしっかりと読み、Amazonプライムのメリットも理解したうえで無料体験しようと思ったらAmazonプライムに無料体験を申し込みましょう。

 

無料体験中に「やっぱり、自分には合わないや……」という場合は、サービス利用をキャンセルすることが出来るので、その方法も含めて、Amazonプライムの無料体験利用方法をご紹介したいと思います。

[STEP①]Amazonプライム無料体験のページにアクセス

下記よりアクセスし「無料体験を試す」というボタンをクリックしてください。 アマゾンプライム無料体験 

f:id:tubame8:20170630012125j:plain

[STEP②]Amazonにサインインする

  

f:id:tubame8:20170630012135j:plain

Amazonへのサインインを求められるので、Amazonにサインインしてください。 また、はじめてAmazonを利用する場合は、事前にAmazonアカウントを作っておくことをオススメします。

[STEP③]登録画面にて、クレジットカード番号と個人情報を登録

サインインすると登録画面に切り替わります。 この画面では、クレジットカード番号の登録と、個人情報の登録を求められるので、登録画面の指示に従い、求められている情報を入力すれば、30日間無料でプライム会員になることが可能です その後、継続してプライム会員になりたい人は、そのまま設定を変更しなければ自動更新されます。

[注意!]自動更新をしないように設定して!

30日間の無料体験後、なにもしないままだと、自動的にそのまま3,900円がクレジットカードから引き落とされて、自動的にプライム会員になってしまいます。 自動的にプライム会員にならないためにも、Amazonのサイト内で「アカウント設定」をクリックし、「Amazonプライム会員情報を管理する」という画面を開いてください。 すると、会員情報のページが開くので、「会員登録しない」をクリックし、さらに「自動的に会員登録する機能をOFFにする」をクリックすれば、自動更新を防げます。

[Amazonプライムの退会方法]

最後にAmazonプライムの退会方法も、合わせてご紹介させて頂きます、 まず「アカウントサービス」より、「Amazonプライム会員情報を変更する」をクリック。 

 

f:id:tubame8:20170630012150j:plain

その後、切り替わったページで「会員資格を終了する」をクリックし、「すぐに終了する」もしくは「20xx/xx/xxに終了する」をクリックすれば、退会終了です。

 

なお、有料会員登録後、あなたおよび家族会員がAmazonプライムの特典を利用しない場合は、キャンセル時に年会費を全額返金されるので、ご安心ください(利用している場合は、減額したものが返金される)

コスパで考えれば業界ナンバー・ワン

アマゾンプライムは、同業他社のサービスよりも、サービス範囲が広く、さらに充実しています。 年会費3,900円は確かにちょっと高く感じますが、"月額325円"と考えると、毎月325円支払うだけで配送料が無料になるだけでなく、割引が受けられたり、映像や音楽が見放題、聴き放題という事を考えると、Amazonプライムは、恐るべきコストパフォーマンスだとわたしは思います!

動画配信サービスだけでも、月会費500円以上も支払わなければならない会社が多いことを考えると、下手をすると無料体験中に、元が取れてしまう場合も……。

 

このように、コスパで考えると、断然Amazonプライムがお得!

 

また、学生さんの場合は6ヶ月間の無料体験もついて、年会費1,900円でここまでご紹介したサービスを利用できるのですから、登録しないなんてもったいない。 アマゾンプライム無料体験

 

Amazonプライム月額制400円を開始

2017年6月8日 年間払いと同サービス

「Amazonプライム」の会費に月400円(税込み)のプランを追加が追加されました。これまでは年会費3900円だけだったのが、月会費制により気軽に加入できるようになりました。

利用できるサービスは年間払いと同じ。

荷物が通常より早く届く「お急ぎ便」を追加料金なしで何度でも使えるほか、食品などを即日配達してもらえたり、映画や音楽が見放題、聴き放題になったりする特典は年会費と変わらないので、月額制からお試ししてもいいかもしれませんね。